互換性インクの利点と欠点を徹底調査

インク代というのは長い目で見ると大きな負担となるものであり、特に企業にとっては頭の痛い経費となります。互換インクというのは安さという大きな利点がありますが、その一方で欠点もあるので欠点も理解をして使用をすることが大切です。利点しかないのであれば純正品を使う意味がないわけで、実際には利点もあれば欠点もあるためどちらが上回るのかということを考えて使わなければ逆に損をしてしまうということもあるため正しい知識を身につけることは非常に重要なことになります。安いからといって飛びつくのは危険ですし、逆にリスクばかりを考えて割高な純正品を選ぶというのもコストの面であまりいいことだとは言えないので、長所と短所をしっかりと理解をしてどちらを選ぶのかを決めてみると良いでしょう。

とにかく安いのが大きなメリット

互換インクの利点は何と言っても、価格が安いということです。純正品と比較をして半分以下の値段で売られているものも少なくなく、更にそれよりも安いもものがあるので単純に比較をすると印刷にかかるコストを半分以下から数分の一までおさえることができます。これは個人であっても利点が大きなものとなっていますが、印刷する枚数の多い企業などからすれば更にその恩恵というのは大きなものとなっていますから、印刷コストを抑えることができるということを覚えておけば間違いありません。容量などの違いもあるので、単純に価格が二分の一、数分の一になるというわけではありませんが商品によっては更にコスト削減効果などが高まることもあるので、最大の利点はコスト削減効果にあるということになります。

品質面や保証面での不安が残るのが欠点

互換インクの欠点としては、ひとつに印刷品質が純正品よりも劣る傾向にあるという点にあります。特にポスターや写真といった仕上がりが重視されるものの場合には、はっきりと見劣りしてしまうということも少なくありません。ただし、品質に関しては文字や簡単な画像が入った書類で、社内で使用するものというレベルであれば、十分な品質がありますからその辺はあまり心配をすることもないといえます。問題は保証面であり、純正品以外のものを使用してプリンターが壊れてしまった場合にはメーカーからの保証が受けられなくなってしまうというものがあります。買ったばかりのものが互換品を使ったばかりに壊れてしまって、保証も受けられなくなってしまうとなるとそのダメージは大きなものとなります。しかし、すでに保証が切れているプリンターを使い捨て覚悟で使うというのであれば、コストが安い分元が取れる可能性は十分にあります。