互換性インクと相性が良いプリンター

互換インクは純正品と比べるとかなり安いので、印刷にかかる費用を抑えいたという時に最適です。しかし、すべてのプリンターに相性が良いのかというとそのようなことはなく、単純な相性で言えば純正品にはかないませんからその点を注意する必要があります。相性のいいプリンターを選んで使用をすればコストを大幅に抑えることができ経済的なので、どのようなものに相性が良いのかを事前によく理解をしておきましょう。相性のいいプリンターとしては元々の価格が安く使い捨て感覚で使用をすることができるようなものと、すでに保証期間が切れるほどに使い込んでいるものがあげられ、このようなものは社外品のデメリットをそれほど気にする必要がなくなるので相性がいいプリンターといえます。

本体が安いと使いやすく相性が良い

互換インクの欠点としてはこれを使用して不具合が生じると、メーカーからの保証が受けられなくなってしまうというものがあります。可能性としては低いものに、高性能で高価なものを使ってトラブルが発生した場合には安く済ませようとして逆に高く付いてしまうということがあります。しかし、元々安価で購入をすることができるものであれば、最初から使い捨て感覚で購入をすることができますし、純正品を何回か購入をするとそれだけで本体価格を上回ってしまうことになるので、気軽に社外品を使用することができます。そのため、本体価格に対してインクの価格が割高になりやすいプリンターというのは、互換カートリッジのものを相性がいいといえるので、覚えておくと印刷コストの削減につなげることができます。

すでに保証が切れているものも使いやすい

社外品を使用すると保証が切れてしまう欠点がありますが、すでに保証期間が過ぎているようなものであれば、それほど大きな影響はありません。保証期間が過ぎたものを、お金を出して修理して使い続けるというケースは少なく、壊れてしまったら買い替えるということが多いので、その場合には互換インクを使用してコストを抑える効果が非常に大きなものとなります。社外品は多少故障の確率が高まると言っても、純正品との価格差を考えると十分にお釣りが来るものであり特に保証期間が過ぎているのであれば尚更価格が安いという利点は大きいといえます。そのため、保証期間内は安全を取って純正品使用しながらもそれが過ぎたあとは、コストを重視して社外品を使うという選択ができるので、保証期間が過ぎたプリンターも社外品と相性が良いということになります。