互換性インク メーカー間の比較

手頃な価格で購入することが出来るようになった複合機ですが、使用するとなると消耗品費として紙代とインク代が必要となります。紙代は紙のサイズによって多少の違いはありますが、それほどメーカーによってそれほど大きな違いはないことがほとんどです。しかし、もう一つの消耗品であるインクは、印刷をするのに欠かすことが出来ないアイテムであるのにも関わらず、純正品を使用するとなると、高いコストが掛ることになります。コストを抑える方法として、互換品を使用するということがあります。純正品とは異なり、品質や価格にばらつきがあることから、購入をする時には、それぞれのメーカーを比較するようにしましょう。悪質な製品を使用した場合には、機械本体の故障に繋がる恐れもあります。

ランニングコストを安く抑える方法

プリンターやコピー機の複数の機能を一台の機械が行うことが出来るのが、複合機です。業務用だけではなく、家庭用のコンパクトなタイプもあります。機械本体は2万円以内で購入することが出来る製品も多いことから、多くの家庭に普及している電化製品の一つでもあります。しかし、複合機を使用するためには、機械本体だけではなく、インクが必要となり、大きく2つのタイプに分けることが出来ます。一つが純正品、もう一つが互換品です。純正品を選択するメリットとしては、品質が高く、発色が良いということ、一方の互換品では価格が安いという事や近年は以前に比べると品質も向上しているという事もメリットということが出来ます。単価が安いため、頻繁に複合機を利用するという人にはおすすめの製品です。

どのメーカーであっても同じではない

複合機の互換インクを扱うメーカーはいくつかありますし、その製品にも違いがあります。まず、純正のカートリッジを再生した製品です。カートリッジが純正であることから、印刷品質が純正に近いというメリットがあります。価格は純正の8割から7割程度です。カートリッジも自社で製造しているというメーカーの中には、購入後1年間の保証期間を設けているところもあります。製品を使用したことで、複合機が故障したという場合にもその修理費用をメーカーが負担してくれるという保証を設けている場合もあり、安心して利用することが出来ます。価格も純正の半額程度と手頃です。そして、新規メーカーの中には、純正品の2割程度の価格で購入することが出来るものもあります。品質については、不明な点があるため、使用するのは不安に感じることもあるかもしれません。なお、購入する際には印刷をする物を考慮した上で決めるようにしましょう。