互換性インクの価格を比較しよう

プリンターで、書類や写真などを印刷する頻度の高い方は、カートリッジが空になることが多く、インク代がかかってしまうと思われます。プリンターメーカーの純正品に比べ、2割から半額程度の価格で販売されている互換品があり、そちらの購入を検討した方が良い場合があります。純正品に比べて割安な価格で購入できる互換品は、インク製造業者が独自の原料を使って、純正品に近い印刷物ができるように作られた物です。メーカーによって、出来上がりに差はありますが、お客様サポートを設けてトラブルに対処したり、独自の製品保証期間を設定し、満足できない場合は返金にも応じるサービスをしている所もあり、安かろう悪かろうの製品ではなくなってきています。安さの原因は、通販やネットサイトを通じて、小売りなどのコストを削減して顧客に直接販売できるからであり、粗悪な素材を使っているわけではありません。

2割程度安価なリサイクルカートリッジ

リサイクルされたカートリッジの商品は、純正品よりも2割程度安くなっています。大幅なコスト削減が難しいのは、純正品で使われたカートリッジを再利用するために、カートリッジを洗浄する費用がかかってしまうためです。カートリッジを廃棄しない分、ゴミの削減ができ、環境問題にも配慮されています。リサイクルタイプの互換インクの製造会社の中には、自社商品やプリンターメーカーの商品にかかわらず、それまで利用した使用済みカートリッジを、無料で回収するサービスをしている所もありますので、好んで選ぶ方も多いです。カートリッジだけでなく、プリンターメーカーのICチップをそのまま使っているため、プリンターに取り付けをした際にも、プリンター側で残量が読み取れない等のトラブルが起こりにくい場合があります。

安さにもこだわるなら製造業者独自の仕様の物を

インク製造業者が独自にカートリッジから作った互換品は非常に安価で、純正品の3割~半額くらいの値段で購入できることがあります。中には、外国の製品もありますが、国際的な認証を受けていますので、品質には一定の信頼があります。全ての工程を一貫して行えるために、非常に安価な価格で作成できると考えられています。詰め替えタイプの商品は、中身だけが袋に充填されて配送されますので、最も安く購入することが可能です。手持ちの空になったカートリッジに、自分で補充して使います。最初に専用の工具等が必要になりますが、繰り返し使えますので、無駄にはなりません。これらの商品で注意したいのは、ICチップが正常に機能せず、カートリッジの取り換えが判明しにくくなる可能性が高いことです。自分で印刷をして、かすれがある場合や色がいつもと違う場合には、残量がない目安となりますので、定期的にプリンターのカバーを開いて確認する必要があるでしょう。

超ハイクオリティ互換インクが欲しいならここ!普通の互換インクの何倍も高品質、しかも純正インクよりも50%お得! 当店人気の高品質インクが期間限定大幅値下げ!!クリアな染色、色褪せに強い耐久力で写真印刷に最適!この機会に是非お試しを! オフィスやご家庭でのプリントに!大量注文大歓迎です!コピー用紙A4/2500枚入り1980円 B4/2500枚2,490円!! 互換インクもしっかりサポートいたします